才能と努力の天才 アクタージュ act-age

漫画

こんにちは、なぁです!

いやーアプリの広告とかでよく見かけていたんですが読んだことなかったマンガなのです。

読んでびっくり面白過ぎる~!

今回は

アクタージュ act-age
です!

概要

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。

未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人─。

天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

©︎studio_daikokuten ©︎TATSUYA MATSUKI.SHIRO USAZAKI/SHUEISHA 集英社

アクタージュは原作:マツキタツヤ先生、漫画:宇佐崎しろ先生により週刊少年ジャンプにて2018年から連載されています。

現在は1-10巻まで出版されています。

感想

いやー!すっごい!!

すっごいマンガ!!

演技の事なんて全くわかりませんが、解釈の違いや演者の違いで大きく演技が変わる様や、役者と宣言できるほどの覚悟とか。

めちゃめちゃ熱い内容です! スポコン的なマンガ!

この主人公は自らの経験を追体験するメソッド演技がとっても得意。

例えば、悲しかった記憶を思い出して涙を瞬時に流せます。

経験さえあれば迫真の演技ができる天才なのです。

しかし、演技を行う上では迫真の演技だけではやっていけません。

それを『役者』から『脚本家』から『監督』から『いつもの生活』から学び、もの凄い速度で成長していく過程が描かれています。

俳優のマンガと言えば「ガラスの仮面」が名作ですよね。

アクタージュはガラスの仮面を彷彿とさせるマンガでした。

現在、マンガで羅刹女という内容をやっています。

この羅刹女は2人の監督が構成し、同じ内容の舞台を甲と乙にわけ全く違う役者が交互に演じようとしています。

梅の木の精の話を思い出しますねぇ。同じではないですが、似たものを感じます。

この羅刹女ですが、公式サイトが作られています。

クオリティが凄い。(笑) こんな宣伝があったら(なくてもですが…)かなり見たい。

©︎studio_daikokuten ©︎TATSUYA MATSUKI.SHIRO USAZAKI/SHUEISHA

https://www.shonenjump.com/studio_daikokuten/rasetsu/

舞台の広告だけではなくなんとスタジオ大黒天のHPまで作成されています。

手が凝っているな~としかもマンガを読んだ後だと、ちょっと嬉しくなります。

実在しているような気がしてとても楽しく見れましたよー!

©︎studio_daikokuten ©︎TATSUYA MATSUKI.SHIRO USAZAKI/SHUEISHA

https://www.shonenjump.com/studio_daikokuten/

作中の銀河鉄道の夜が最高に良い話で泣けるのでぜひぜひ読んでほしいところです!

ちなみにここで私の推しキャラの明神阿良也が出てきます!

映画や舞台を行うたびに様々なタイプの天才が出てきますがその一人です。

どんな天才かというと主人公の上位互換の様な人です。(笑)

ストーリーの展開も最高( ;∀;)

©︎studio_daikokuten ©︎TATSUYA MATSUKI.SHIRO USAZAKI/SHUEISHA

終わりに

このマンガを読んでいると、実際にこんな凄い俳優さんたちっているのかなーと考えるのが楽しいです。

なかなか難しいですけど。(笑)

アニメ化するにはかなり演技力を求められるし、配役も難しいだろーなーとか。(笑)

色々な楽しみ方ができるマンガです!

とってもおススメ。

11巻が5月13日に発売予定ですー!!  楽しみぃ。

ありがとうございました。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました